うさぎを飼う準備

うさぎの飼育にかかる費用を解説!実際にかかった金額も紹介します

うさぎを飼うに当たって、一番気になるのは「お金がどれだけ必要なの?」ということではないでしょうか。

一度飼うと長い付き合いになりますので、うさぎの一生分にかかる費用は把握しておきましょう。

私たちが実際にかかった費用を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

うさぎの初期費用

うさぎをお迎えするに当たり、かかった費用は以下のとおりです。

うさぎ 35,000円
ケージなど住環境 40,000円
お出かけ用キャリー 3,000円

うさぎの費用

いくつかのペットショップやうさぎ専門店を訪問しましたが、うさぎ本体の価格は店によってばらつきがありました。

  • ペットショップ・・・30,000円~50,000円
  • うさぎ専門店・・・50,000円~150,000円

血統書があり珍しい毛色をしているうさぎは値段が高めで、中には100,000円以上の子もいてびっくり!

私たちは特に血統書などにこだわりはなかったため、35,000円で購入しました。

ケージなど住環境

うさぎを家にお迎えするに当たり、ケージやトイレなど最低限必要なものを揃えました。

最低限必要なものだけでも結構な数があり、かかった金額は40,000円ほどです。

1番高かったのはケージで、14,000円で購入しました。

うさぎ専門店やペットショップで購入するより、楽天やAmazonの方が少し安く購入できるようですね。

お出かけ用キャリー

ペットショップからのお迎えには、キャリーが必要です。

うさぎを病院に連れていくときや、お出かけの際にも使うとのことで、これも必須アイテムですね。

キャリー自体はそんなに高くなく、3,000円程度で購入することができました。

 

うさぎの保険は入るべき?

うさぎを購入する際に、保険に加入するかの案内を受けました。

結論から言うと、私たちは保険には入りませんでした。

保険の選び方や保険に入らなかった理由について↓

うさぎの保険は必要?選び方や簡単な加入方法を解説うさぎは体調が悪いことを隠して気付かれないようにする動物なので、異変に気付いた時には動物病院に行く必要があるということも。 人間の...

もし保険に加入する場合は、月3,000円前後かかります。

うさぎを飼育している時のランニングコスト

実際のうさぎの飼育にかかるランニングコストは以下の通りです。

食費 1か月あたり2,000円程度
消臭砂やペットシーツなど 1か月あたり2,000円程度
エアコンの電気代 季節によって変動。3,000円程度増加
病院代 症状による

食費

食事にかかる費用は、1か月あたり2,000円程度です。

基本的に「ペレット」と「チモシー」ですが、私たちは「サプリ」を追加してあげています。

ペレットは1袋3kgの大きなサイズを選び、少し割安な値段で購入しています。

消臭砂やペットシーツなど

うさぎのトイレ用の消臭砂や、ケージの下やトイレの下に敷くシーツは必須アイテムです。

こちらもエサ代と同じく、1か月あたり2,000円程度かかっています。

私たちは毎日取り換えをするため、消耗は早い方だと思います。

エアコンの電気代

うさぎを飼う適温は18~25℃のため、夏や冬はエアコンで温度調整が必要です。

寝ている間もエアコンをつけたままにしてあげないといけないため、意外とエアコン代がかかります。

月3,000円前後、電気代が上乗せになります。

病院代

うさぎが病気になった時の費用も見込んでおきましょう。

症状や病院によって金額が変動するため、具体的な金額は会計してみないとわかりません。

源
生後5か月で初めて健康診断で近所の動物病院に行った時は、1,650円かかったよ。

手術などをすることになった場合は、数万円はかかることは覚悟しましょう。

うさぎの飼育費用

うさぎを購入する際は、初期費用だけではなくランニングコストまで考えることをおすすめします。

うさぎの一生を考えた上で購入しないと、後悔することになるかもしれませんよ。

うさぎもあなたも余裕をもって生活をできるくらいが丁度良いかと思います。

ぜひこの記事を参考にして、うさぎを飼育する余裕があるかを確認してみてください。

うさぎの飼育で節約できること、節約しない方がいいことうさぎは犬や猫よりもお金をかけずに飼育することができるペットですが、年間5~10万円程度はかかります。 うさぎに快適に過ごしてほし...